心臓病が起こる様々な原因

医学が着実に進歩している現代でも難病とされている心臓病。その原因には様々なものがあります。まずは先天的なものがあげられます。生まれながらにして心臓に欠陥を抱えているケースであり、程度によっては成長とともに自然治癒するケースもありますが、基本的には緊急手術が必要となります。次にあげられるのが生活環境が原因となる場合。高血圧や動脈硬化などの、生活習慣病が大きく関連しているケースです。最後に考えられるのが体外からの影響。何らかの強い衝撃が心臓に加えられた場合に起こり得る心房細動、他にも、いわゆる「エコノミークラス症候群」と呼ばれる、長い間同じ姿勢でいることで血流が悪くなるものがあります。

心臓病治療の現状を考える

次に心臓病治療がどのように行われているのか見ていきましょう。基本的に心臓は、身体の各部に循環させるために、常に大量の血液を内部に溜め込んでいます。従って、切開をして取り返しのつかない事態に発展する可能性の高かった「外科治療」よりも、血圧を降下させたりして効果的に治療を行う「内科治療」の方がかつては主流でしたが、心臓と肺の機能を代行的に行う人工心肺装置の発明により、「外科治療」も低リスクの施術が可能となって治療環境が劇的に改善しました。これにより心臓病の治癒の可能性も高まりました。

我々が心臓病に対して気をつけるべきこと

現代人で特に多いのが「生活習慣が原因で起こり得る心臓病」。特に動脈硬化や狭心症、心筋梗塞といった症状は血液や血管が普段の生活習慣により悪化したゆえに起こる可能性が高まる病です。「血液がドロドロになっている」などと健康診断で言われたことはありませんか?食事の仕方の見直しや、適度な運動の継続が少しづつでも心臓病になるリスクを軽減する助けになります。自分から心臓病に対して、そうならないための積極的なアプローチ(治癒へのアプローチ)をすることが健康的な生活を送るための一助となることでしょう。

大動脈弁は全身に血液を送り出す左心室にある弁で半月形の膜が3枚合わさって出来ています。この大動脈弁の開放が制限されて狭くなった状態を大動脈弁狭窄症といいます。